【ニトリ】 ひんやりケットと肌布団はどっちがオススメ? 違いを比較したら5つあった!

ニトリの ひんやりケットと肌布団はどっちがオススメ? 違いを比較したら5つあった!

【ニトリNクール】のひんやりケットと肌布団の違いを比較して、どちらがおすすめなのか紹介します。

冷たくて気持ち良く眠れると大人気のニトリのひんやりケットと肌布団ですが、何が違うのか、どっちがいいのか悩みますよね。

  • ひんやりケットと肌布団の違いは何?
  • ひんやりケットと肌布団はどっちがいいの?

ひんやりケットと肌布団は、どちらもNクールで気持ちよく寝れるのですが、細かい違いが5つありました。

この記事でわかること

【ひんやりケットと肌布団の違い】

  • 肌布団の方が厚みがある
  • 肌布団には消臭機能がある
  • ひんやりケットにはハーフサイズがある
  • ひんやりケットの方がカラーが多い
  • ひんやりケットの方が価格が安い

ひんやりケットがおすすめな人】

  • エアコンを使いたくない
  • 夏のみ使う
  • 小さいサイズを探している
  • 価格を重視している

肌布団がおすすめな人】

  • 匂いや冷え対策をしたい
  • 春~秋まで使う
  • 厚みのある布団がのほうが良い

ひんやりケットは、暑がりな方やエアコンをつけたくない人が夏に使用するのに丁度よい薄さです。

また、肌布団より価格が安いので、コスパ重視の方にもおすすめですよ。

肌布団はひんやりケットよりも厚みがあり、春から秋までの冷え防止に役立ちます。

また、消臭加工がされているので、ペットや汗のにおいが気になる人に最適ですよ。

本文では、ひんやりケットと肌布団の違いや共通点についてさらに詳しく紹介していきます。

\暑い夏でもサラッと快適に眠れる/

\冷えも匂いも防止して心地よい眠り/

タップできる目次

ニトリのひんやりケットと肌布団はどっちがいい?違いは5つ

【ニトリNクール】のひんやりケットと肌布団の違いを表で比較しました。

ひんやりケットと肌布団の違い(2024年モデル)

ひんやりケット肌布団
形状薄手のタオルケット薄手の掛け布団(中わた入り)
サイズ展開ハーフ・シングル・ダブルシングル・ダブル
冷たさの種類冷・強冷・極冷冷・強冷・極冷
清潔機能抗菌防臭
部屋干し臭抑制
吸水速乾
抗菌防臭
部屋干し臭抑制
吸水速乾
消臭加工
吸放湿
重量シングル約590g
ダブル約1.05kg
シングル約890g
ダブル約1.35kg
仕様接触冷感・リバーシブル接触冷感・リバーシブル
カラーホワイト・ブルーなど10色ホワイト・クリームイエローなど9色
厚み約2mm約8mm
素材ポリエステル/ナイロンポリエステル/ナイロン
価格1,490円~2,990円~
洗濯ネット使用で洗濯機OKネット使用で洗濯機OK

ニトリNクールのひんやりケットと肌布団には、5つの違いがありました。

下記のような細かい違いがあったので、1つずつ紹介していきますね。

  • 厚み
  • 清潔機能
  • サイズ展開
  • カラー
  • 価格

ひんやりケットと肌布団の違い①:肌布団の方が厚みがある

ニトリひんやりケットと肌布団の違い1つ目は、厚みです。

ひんやりケットと肌布団の厚さ比較画像
ひんやりケット肌布団
厚み(一番厚い部分)約2mm約8mm

店頭で厚さを計ってみたところ、上記のような違いがありました。

肌布団には中わたが入っているので、ひんやりケットよりやや厚みがあります。

ひんやりケットは極薄の布状なので涼しく、
肌布団はやや厚みがありますが、1cm以下と薄くて、ほどよい厚みでした。

ひんやりケットは極薄なので冷房なしで眠るときや、冷房をつけても暑い日に使うと、ひんやり気持ちよく眠れます。

肌布団の方はやや厚めなので、冷房の寒さを防ぎたい人

春や夏の終わり~秋など、少し涼しい時に使うと、快適な寝心地を感じることが出来ますよ(^^♪

\冷房なしで使うならひんやりケット/

\冷房ありで使うなら肌布団/

ひんやりケットと肌布団の違い②:肌布団には消臭機能がある

ひんやりケット肌布団
清潔機能抗菌防臭
部屋干し臭抑制
吸水速乾
抗菌防臭
部屋干し臭抑制
吸水速乾
消臭加工
吸放湿

ひんやりケットと肌布団の違い2つ目は、清潔機能です。

ニトリのひんやりケットと肌布団はどちらも

  • 抗菌防臭
  • 部屋干し臭抑制
  • 吸水速乾

の機能が付いていて基本的には同じなんですが、肌布団にはさらに中わたの機能として

  • 消臭加工
  • 吸放湿

がプラスされています。

ひんやりケットには防臭機能はありますが、消臭効果はないので、汗のにおいが気になる人には肌布団の方がおすすめですよ。

また、ペットと一緒に寝る人も消臭機能が付いていれば安心ですよね。

肌布団に使われている中わたには、布団にこもる熱や汗を吸収して放出する機能もあるので

汗かきさんでも朝まで快適に眠ることが出来ますよ(^^♪

\消臭機能付きでさわやかに眠れる肌布団/

ひんやりケットと肌布団の違い③:ひんやりケットにはハーフサイズがある

ひんやりケット肌布団
サイズ展開ハーフ
シングル
ダブル
シングル
ダブル

ひんやりケットと肌布団の違い3つ目は、サイズ展開です。

ニトリのひんやりケットには、シングル・ダブルサイズ以外にハーフサイズがあります。

サイズ
ハーフ幅140cm × 奥行100cm
シングル幅140cm × 奥行190cm
ダブル幅180cm × 奥行190cm

ハーフは小さめサイズなので、お昼寝用のタオルケットに丁度いいサイズです。

ひんやり冷たいから、冷房がニガテな方や、冷えが気になるお子さん・ペット用にも最適ですよ。

また、小さいサイズは汚れても気軽に洗えます。

ひざ掛けとしても使えるので、お家や車に冷房対策で1枚置いておくと便利ですよ(^^♪

\持ち運びやすいハーフサイズがあるのはひんやりケット/

ひんやりケットと肌布団の違い④:ひんやりケットの方がカラーが多い

ひんやりケットと肌布団のカラーの違い(2024年モデル)

冷たさのタイプ強冷極冷
ひんやりケット全3色
グレー/ホワイト
ブルー
Dローズ
全8色
ホワイト
グレー
グレー/ホワイト
ダークグレー
グレー/ダークグレー
ブルー
Dブルー
ローズ
全7色
ホワイト/グレー
グレー
グレー/ホワイト
ダークグレー
ブルー
ローズ
ローズ/ホワイト
肌布団全5色
ホワイト/グレー
クリームイエロー
グレー
グレー/ホワイト
ブルー
全7色
アイボリー/グレー
グレー
グレー/ホワイト
ダークグレー
グレー/ダークグレー
ブルー
Dブルー
全2色
グレー
ブルー
※カラーは公式サイト記載。店頭やネットショップとは異なる場合があります。

ニトリのひんやりケットと肌布団の違い4つ目は、カラーです。

ひんやりケットと肌布団のカラーのすべてのサイズに共通する色は、ブルーのみでした。

ただしこれは公式サイト記載のカラーで、店頭に行くと色の扱いが異なっていました。

私の行った店舗ではそれぞれ5~6色の取り扱いで、その内の1~2色はお取り寄せになっていました。

ひんやりケットの店頭取り扱いカラー画像

暑い時期になると一気に売切れになってしまうカラーもあるので、必要な人は早めの購入がおすすめです。

欲しいカラーがあるなら、あらかじめ電話でお店に確認するか、ネット購入だと在庫が確認できるので安心ですよ(^^♪

▼こちらからひんやりケットのカラーや在庫を確認できます

▼こちらから肌布団のカラーや在庫を確認できます

ひんやりケットと肌布団の違い⑤:ひんやりケットの方が価格が安い

冷たさのタイプ強冷極冷
ひんやりケットの価格1,990円~2,990円~3,990円~
肌布団の価格2,990円~3,990円~4,990円~
※価格はシングルサイズ~

ニトリひんやりケットと肌布団の違い5つ目は、価格です。

ひんやりケットの方が、肌布団より薄い分、1,000円ほど安いです。

ひんやりケットの方はハーフサイズがあるので、さらに価格が安くなっていますよ。

冷たさのタイプ強冷極冷
ひんやりケットハーフサイズ1,490円~2,490円~2,990円~

掛け物にこだわりがない人は、ひんやりケットの方が安くてコスパが良いです。

また、上記は2024年モデルの価格ですが、ネットショップなどでは2023年など以前のモデルがセールでお安くなっている場合もありますよ(^^♪

コスパが良いのはひんやりケット/

ニトリのひんやりケットと肌布団はどっちがいい?4つの共通点

ニトリのひんやりケットと肌布団(Nクール)には、共通点もあります。

  • 両面使えるリバーシブル
  • 汗や部屋干しの匂いを抑える
  • 洗濯機で洗える
  • 大型サイズがある

ニトリのひんやりケットと肌布団は、どちらもNクールなのでひんやり涼しさを感じながら眠ることが出来ますよ(^^♪

共通点を1つずつ紹介していきますね。

ひんやりケットと肌布団の共通点①:両面使えるリバーシブル

ニトリのひんやりケットと肌布団は、どちらもリバーシブル仕様なので、1枚で春から秋まで使用することが出来ますよ。

リバーシブルの素材はひんやりケットと肌布団で同じですが、(冷 / 強冷 / 極冷)で表面と裏面の素材が違います。

ひんやりケット・肌布団強冷極冷
表面さらもち冷感もちもち強冷感さらさら極冷感
裏面さらさらワッフルさらさらニットさらさらパイル

店頭で全種類さわってみたのですが、どちらも同じ素材なのに、手触りはぜんぜん違いました。

  • ひんやりケットは薄くて、本当にさらさら・ツルツル
  • 肌布団は、表面はさらさらモチモチで厚みがあり、安心できる

という感じでしたよ。

両方とも肌触りがすごく良かったです。

どちらも春~秋まで使えるのですが、ひんやりケットは夏、肌布団は春~秋に使うとさらに快適に眠れますよ(^^♪

\春~秋まで長く使えるのは肌布団/

ひんやりケットと肌布団の共通点②:洗濯機で洗える

ひんやりケットと肌布団は、どちらもネットに入れて洗濯機で洗えます

ひんやりケット肌布団
素材表:ポリエステル100%
裏:ポリエステル70%、ナイロン30%
表:ポリエステル100%
裏:ポリエステル70%、ナイロン30%
中わた:ポリエステル80%、合成繊維(アクリレート)20%

ひんやりケットと肌布団に使われている素材はほとんどポリエステルなので、洗う時はネットにさえ入れれば特に心配はありません。

汗をかきやすい夏でも家で洗えるので、清潔が保てますね(^^♪

ひんやりケットと肌布団の共通点③:汗や部屋干しの匂いを抑える

ひんやりケットと肌布団はどちらも、抗菌防臭・部屋干し臭の抑制加工が付いています。

汗をかいた時に匂いが防げるのはうれしいですね。

抗菌機能もあるので、赤ちゃんに使用したり、ペットと一緒に寝るときも安心です。

また、洗濯した時に部屋干し臭を抑えてくれるので、気持ちよく使うことが出来ますよ(^^♪

ひんやりケットと肌布団の共通点④:大型サイズがある

ツイン
168×218cm
クイーン
223×234㎝
キング
264×234㎝
ひんやりケット
肌布団×

ひんやりケットと肌布団は両方とも、ネット限定で大型サイズを販売しています。
注文は店舗でも出来ますが、お取り寄せになってしまうので、ネット購入が便利ですよ。

大型サイズなら背が高い方でも足が出ずに、ゆっくり眠れますよね。

また、大きなペットと一緒に寝るときにも活躍しそうです♪

▼冷房なしでも気持ち良いひんやりケット

▼冷え対策しながら快適に眠れるのは肌布団

ニトリひんやりケットがおすすめな方

ニトリのひんやりケットがおすすめなのは、

  • エアコンをなるべく使いたくない
  • エアコンの温度をあまり下げられない
  • 冷房を入れても暑い人や汗かきな人
  • 夏に使う掛け物を探している
  • ハーフサイズがほしい
  • 価格が安いほうがいい

という方です。

エアコンの冷気が苦手な方や扇風機を使うという人には、ひんやりケットがオススメです。

ひんやりケットにはハーフサイズがあるので、お子さんやペット、お昼寝にも使いやすいですよ。

薄いから体に熱がこもらず、ツルツルの手ざわりで朝まで気持ち良く眠れます。

また、肌布団と比べると価格も千円ほど安いので、値段重視で考えるならコスパも良いですよ(^^♪

\ひんやりケットの詳細を画像付きで詳しく見てみる/

ニトリ肌布団がおすすめな方

ニトリの肌布団がおすすめなのは、

  • 春~秋まで使える掛け布団を探している
  • タオルケットよりも厚みのある掛け物がほしい
  • 冷え対策をしたい
  • 消臭機能付きがいい

という方です。

ニトリの肌布団は、ひんやりケットより少し厚みのある軽い掛け布団なので、寝ている時の冷えを防いでくれます。

中わたには消臭効果があるので、ペットと一緒に眠る人や汗をかきやすい人でも匂いが気にならないですよ。

また、薄すぎず厚すぎず丁度よい厚みなので、春~秋にかけて長く使えます(^^♪

カバーをすると冷たさが感じにくくなるので、布団カバーは不要ですよ。

\肌布団の詳細を画像付きで詳しく見てみる/

ニトリのひんやりケットと肌布団はどっちがいい?:まとめ

ひんやりケットと肌布団は、どちらもひんやりして気持ちよく眠れます。

2つの違いは、

  • 肌布団の方が厚みがある
  • 肌布団には消臭機能がある
  • ひんやりケットにはハーフサイズがある
  • ひんやりケットの方がカラーが多い
  • ひんやりケットの方が価格が安い

となっています。

そのため、

  • エアコンを使いたくない
  • 夏のみ使う
  • 小さいサイズを探している
  • 価格を重視している

という方には「ひんやりケット」がオススメです。

また、

  • 匂いや冷え対策をしたい
  • 春~秋まで使う
  • 厚みのある布団がのほうが良い

という方には「肌布団」がオススメとなっていますよ(^^♪

▼エアコンなしでも眠れるから光熱費が節約できるひんやりケット

▼冷房を入れても冷えにくいから朝までぐっすり眠れる肌布団

  • URLをコピーしました!
タップできる目次