脇汗パッドがバレる4つの理由とバレないオススメの対策方法6つを紹介

脇汗パッドがバレる理由とバレない対策方法

脇汗パットは汗をかく季節に必須のアイテムですが、付けているのがバレるのでは?と心配になりますよね。

特に脇汗パッドが手放せない、大汗さんや多汗症の方は悩まれているかと思います。

この記事では脇汗パッドがバレる理由と対策方法をまとめました。

この記事で分かること
  • 脇汗パッドがバレる理由は、『服の上から透ける・脇のスキマから見える・はみ出るほど大汗をかく・ヨレたりズレたりしている』事が原因。
  • 脇汗パッドがバレない対策方法は、肌に直貼りする脇汗フィルムやシート・汗取りインナー、制汗剤、使い捨ての脇汗パッド、汗じみ防止シャツ、独立タイプの脇汗パッドなど自分に合ったものを使う

脇汗パッドがバレるという心配をなくすには、自分の状況に合った対策を取ることが重要です。

脇汗パッドを使う時、どんな服を着てどんなシーンで使うのか

汗の量が多いのか普通なのかによっても、バレるかどうかや対策方法は変わってきます。

本文では、脇汗パッドがバレる理由とバレないようにする対策方法をさらに詳しく書いていきますね。

今人気の脇汗対策アイテムを楽天で見てみる

 定期購入なし日本製の制汗剤6/30までセール中

テサランクリア
タップできる目次

脇汗パッドがバレる4つの理由

脇汗パッドがバレる理由にはこちらです。

  • 服の上から透ける
  • 脇のスキマから見える
  • はみ出るほど大汗をかく
  • ヨレたりズレたりしている

①服の上から透ける

脇汗パッドを貼っているトップスの生地が薄いと、バレる可能性が高まります。

特にワイシャツやブラウスなどの薄手のものは透けるリスクが高いです。

脇汗パッドが服の上から透けないようにするには、少し厚めの生地(綿など)にするとよいです。

②脇のスキマから見える

脇が大きく空いている服は、脇汗パッドが見えてバレる可能性があります。

特に電車内でつり革を持つ時や手をあげるときなど、何気ない行動の際にバレやすいので注意しなければいけません。

汗脇パッドが脇のスキマから見えるのを防ぐには、脇が空いた服を着ない・脇汗パッドはやめて制汗剤を使うなどがあります。

③はみ出るほど汗をかく

男性や多汗症の方など、汗が多すぎて脇汗パッドに収まらない場合はバレるリスクが高いです。

脇汗パッドからもれた分がシャツに染み出すと、脇汗も脇汗パッドを貼っていることもダブルでバレてしまいやすいです。

脇汗パッドから汗がもれないようにするには、大きめの脇汗パッドを使う・制汗剤+脇汗パッドなどいくつかの対策を組み合わせると防ぎやすいです。

④ヨレたりズレたりしている

脇汗パッドがヨレたりズレたりしていると、貼っていることがバレる可能性があります。

特に大きすぎるもの・厚いものはバレやすいです。

脇汗パッドがヨレたりズレたりするのを防ぐには、薄くて貼るタイプのものを使うと違和感が少なく目立ちにくいです。

脇汗パッドの適正な大きさは汗の量だけでなく、大柄小柄などの体型によっても変わるので、自分に合ったものを使うようにしましょう。

以上が脇汗パッドがバレる理由4つでした。次は脇汗パッドがバレないようにする対策方法を書いていきます。

今売れている脇汗対策アイテムを楽天で見てみる

脇汗パッドがバレないようにする6つの対策方法

脇汗パッドがバレない対策方法はこちらです。

  • 肌に直貼りする脇汗フィルムやシートを使う
  • 汗取りインナーを使う
  • 使い捨ての脇汗パッドを使う
  • 独立タイプの脇汗パッドを使う
  • 制汗剤を使う
  • 汗じみ防止シャツを使う

①肌に直貼りする脇汗フィルムやシートを使う

脇汗フィルムやシートは直接肌に貼ることで汗をブロックし、服の汗じみを防ぎます。

薄くて目立たないので、バレる心配がありません。

脇に直接貼るので敏感肌の人は気をつける必要がありますが、

服を選ばないので脇汗パッドをしている時には着れなかった薄い服でも着ることが出来ます

脇汗フィルムやシートメリットやデメリット

今人気の直貼りタイプの脇汗フィルムを楽天で見てみる

②汗取りインナーを使う

汗取りインナー(脇汗パッド付きインナー)は夏だけでなく、年間を通して活躍するアイテムです。

汗脇パッドがインナーと一体化しているため、バレるという心配はありません。

洗えるので長期間使え、色を選べば白いTシャツにも透けないので使いやすいです。

汗取りインナーを使えば汗かきな時も目立たなくなるので、好きな色の服を着やすくなりますよ

男性用の汗取りインナーもありますので、ぜひ検討してみてください。

汗取りインナーメリットやデメリット

メリット汗じみを防いでくれる・ズレないので着心地が良い・速乾性がある
デメリット薄い服にはひびく・暑く感じる場合がある

今人気の汗取りインナーを楽天で見てみる

③使い捨ての脇汗パッドを使う

脇汗パッドがバレないようにするには、目立たないものを使う必要があります。

服に貼るタイプの使い捨て脇汗パッドは、薄くて目立ちにくく取り換えも簡単なのでバレるリスクが低いです。

そして肌に直接貼ったりしないので、肌を傷つける心配がありません。

薄すぎる服には貼るのがむずかしいですが、比較的着るものを選ばずに脇汗対策が出来ますよ。

使い捨て脇汗パッドメリットやデメリット

メリット服に貼るだけで簡単・持ち運びしやすい・使い捨てで衛生的
デメリットずっとコストがかかる・はがしにくい事がある

今売れている使い捨てタイプの脇汗パッドを楽天で見てみる

④独立タイプの脇汗パッドを使う

脇汗パッドから汗がはみ出てバレる大汗さんには、独立タイプの汗脇パッドがオススメです。

大きめサイズを選べば広範囲の汗をカバーしてくれるので、服への汗じみを防ぐことが出来ますよ。

ただ、このタイプの汗脇パッドはたくさん汗を吸収してくれる分、薄手の服だとバレやすいです。

バレないようにするにはベージュ系の目立たない色のものを選ぶ、綿などのしっかりした素材の服を着るなどの対策をしましょう。

独立タイプの汗脇パッドは楽に取り換えができ、洗いながらくり返し使えるのでコスパが良いですよ。

独立タイプの脇汗パッドメリットやデメリット

メリット汗じみを防いでくれる・取り換えがラク・くり返し使えるのでコスパが良い
デメリット位置がズレやすい・薄い服にはひびく

今人気の独立タイプの脇汗パッドを楽天で見てみる

⑤制汗剤を使う

制汗剤には、汗腺を一時的にふさぐ成分が含まれており、汗の発生そのものを減らすことができます。

制汗剤が脇汗パット代わりになるので、バレる心配がありません。

汗が出にくくなるので気になるワキのにおいも防げて、動きが制限されないのでスポーツの前などにオススメですよ。

制汗剤は便利な反面、肌に刺激があることもありますので、敏感肌の方は脇汗パッドや汗取りインナーの方が無難です。

制汗剤メリットやデメリット

メリット汗をかきにくくなる・動きが制限されない・体臭を減らせる
デメリット肌に合わない場合がある・ずっとコストがかかる・つけ直しが必要な場合も

今人気の制汗剤を楽天で見てみる

⑥汗じみ防止シャツを使う

汗じみ防止シャツは速乾性や通気性の高い素材を使用しているため、肌にまとわりつく感じが少なく、快適に着ることが出来ます。

色シャツは脇汗が目立つので着にくいですが、汗じみ防止シャツならバレる心配もなく安心です。

特殊な機能性を持つ生地は、汗が染み込みにくい構造になっています。

汗脇パットやフィルム等と比べると枚数を揃えるのにコストはかかりますが、

普段どおりの生活で汗じみを防げるのが良い部分です。

汗染み防止シャツメリットやデメリット

メリット着心地が良い・汗じみが目立たない・比較的長く使える
デメリット色やデザインが少ない・枚数を揃えるのにコストがかかる

今売れている汗じみ防止シャツを楽天で見てみる

以上、脇汗がバレない対策方法6つを紹介しました。
使いたいシーンや服などを考慮して、使い勝手のよいものや自分に合うものを選んで下さい。

脇汗パッドがバレる理由:まとめ

脇汗パッドがバレる理由と、脇汗パッドがバレないようにする対策方法をまとめました。

脇汗パッドがバレる理由は、『服の上から透ける・脇のスキマから見える・はみ出るほど大汗をかく・ヨレたりズレたりしている』事が原因です。

脇汗パッドがバレないようにする対策方法は、肌に直貼りする脇汗フィルムやシート・汗取りインナー、制汗剤、汗じみ防止シャツ、使い捨ての脇汗パッド、独立タイプの脇汗パッドなどを自分に合ったものを使うのが大事です。

もし1つのアイテムで不安なら、2~3個のアイテムを組み合わせると心配がなくなりますよ。

脇汗対策をして、ストレスのない毎日を楽しく過ごしていきたいですね。

今いちばん売れている脇汗対策アイテムを楽天で見てみる

  • URLをコピーしました!
タップできる目次