ウエラトーン9Gの明るさは?実際に染めてみた髪色をレビュー!黒髪はどれくらい染まる?

ウエラトーン9Gの明るさは?実際に染めてみた

アットコスメでヘアカラー第1位にも輝いた事がある、ウエラトーン2+1(ツープラスワン)。

そのウエラトーン白髪染めの中で9Gという色があるのですが、すごく上品なピンク色なんです。

色見本を見ると【かなり明るいウォームブラウン】となっていますが、どんな色なのでしょうか。

そこで、この記事では

  • ウエラトーン9Gの明るさは?
  • 実際に染めると、どんな色になるの?
  • ウエラトーン9Gが似合うのはどんな人?

こんな疑問にお答えします。

この記事で分かること
  • ウエラトーン9Gの明るさは、色見本では一番上の明るさ
  • ウエラトーン9Gで実際に染めた黒髪は、ほんのりと色づく位の明るさ
  • ウエラトーン9Gが似合う人はイエベ春の人
  • ウエラトーン2+1(クリームタイプ)の使い方と注意点

さらにウエラトーンの9Gについて、詳しく書いていきますね。

実際に染めた時の感想や染めるときの注意点などを解説していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

ウエラトーン色選びのポイントは?人気色TOP5はこのカラー!

シエロムースカラーは染まらない?黒髪も染まる使い方

シエロ白髪染めのリタッチのやり方は?失敗しないコツや注意

タップできる目次

ウエラトーン9Gの髪色の明るさは?実際に染めてみた感想!

ウエラトーンの9Gとは、ウエラトーン2+1(ツープラスワン)シリーズのクリームタイプとジェルタイプの白髪染めの色番号です。

では9Gの色見本と、実際に髪を染めたときの色の違いを見ていきます。

ウエラトーン9Gは色見本では一番上の明るさ

ウエラトーンの9Gを色見本で見ると、6段階の明るさの中でも一番上の明るさになっています。

ウエラトーン白髪染め9Gの色見本画像
画像引用::ウエラトーン公式 https://www.wella.com

ウォームブラウン(暖かみのある栗色)という色でトーンは最大の明るさ。

この色見本で見ると、女性らしい上品で柔らかな色合いが素敵ですね。

でも…とても良い色なんですが、ちょっと明るすぎて職場など制約のある場では浮いてしまいそうです。

そこで、どんな色になるか気になったので9Gのカラーで実際に染めてみました。

黒髪からどれくらい明るく染まる? ウエラトーン9Gのレビュー

ウエラトーン9Gで染める前と染めた後を画像で比較しました。

染める前の髪の状態

ウエラトーンの9Gで染める前の40代女性髪の画像

染める前の髪は、以前染めたシエロのムースカラー(3PK明るいピンクブラウン)の色が残っている状態です。

白髪がはっきりと前髪やサイドの根元・頭頂部などに見えます。

ウエラトーン9Gで染めたあとの髪の状態

ウエラトーンの9Gで染めた40代女性の髪の画像
筆者(47歳)の髪にツヤが

染めた後は、ツヤが出てキレイな髪色になりました!!

手触りもサラッとしていて気持ちが良いです。

ただ…色見本で見た9Gの色とはかなり違いがありますね。(染まる色には個人差があります)

私の髪は黒くて太いので40分放置しましたが、やはり黒い髪には明るい色は出なかったです。

結論

ウエラトーン9Gは地毛が黒髪の場合、ほんのりと色付く明るさ(個人差があります)

でも、これなら落ち着いた色味なので職場などで浮くことはなさそうです!

ちなみに私が普段愛用している、シエロのムースカラーと比較すると

シエロムースカラーのピンクブラウンとウエラトーンの9Gで染めた髪(前髪とサイド)の比較画像

色の入り方がぜんぜん違います!!

シエロムースカラーは根元の白髪部分にしっかりと色が入るのに比べて、ウエラトーンのクリームは白髪と黒髪の部分の差がなくムラのない染めあがりになりました。

シエロムースカラーで染めた時より、染め上がりの髪の状態がツヤが出てサラサラの手触りです。

ウエラトーン白髪染めのクリームタイプは、今まで私がセルフで白髪染めしてきた製品の中で一番髪に優しく染まりました。(かゆみが出ない訳ではありません)

髪全体の比較

シエロムースカラーのピンクブラウンとウエラトーンの9Gで染めた髪全体のの比較画像

白髪染め後は髪がキシキシするものと思っていたので、サラサラ感に本当にびっくりです。

ただ、ウエラトーンとシエロムースカラーのどちらがいいかと言われると好みだと思います。

今回ウエラトーンの9Gで染めてみて、良かった点はこちら。

  • 染めた後、髪がキシキシしなかった
  • 髪にツヤがでた
  • 髪をすすいだ時に染料がすぐ落ちた
  • 皮膚に色が付きにくかった
  • 根元までしっかり染まった

サロン生まれのヘアカラーと言ってるだけあって、髪に優しい使い心地でした。

髪に優しいことを一番に重視される方には、最強の白髪染めではないでしょうか。

ただ、初めてウエラトーン白髪染め(クリーム)を試してみて悪い点もありました。

  • クリームタイプは塗りにくいので、髪の内側に染め残りが出来やすい
  • 値段が高い

塗りにくいのはクリームタイプの白髪染め全般に言えることなんですが、泡タイプと比べるとやはり塗りにくいですね。

ウエラトーンのお値段は、白髪染めクリームの中では正直高いとは思います。

が、染まった後の髪のツヤや上品な色、サラサラな手触りから考えると納得という感じでした。

私の髪の長さは肩くらいですが、ムースタイプの白髪染めより塗るのが難しかったので、髪の内側に白髪部分が残ってしまいました。

ただ、ウエラトーンはセルフの白髪染めとは思えないツヤのある仕上がりで本当に感動しましたね。

普段からクリームタイプを使用してる人なら、ウエラトーンを使ったあとのサラサラの手触りには驚くと思います。

ウエラトーン(25色)のどの色がいいのか迷ったら、こちらの記事を見て下さい。

ウエラトーン色選びのポイントは?人気色TOP5はこのカラー!

ちなみに、塗りやすさ&コスパで選ぶならシエロムースカラーがオススメですよ。

シエロムースカラーは染まらない?根元も黒髪も染まる使い方

ウエラトーン9Gの髪色が似合うのはどんな人?

ウエラトーン公式によると、ウエラトーン9Gの色はイエベ春の女性に似合います。

パーソナルカラーに分けた女性のイラスト画像(イエベ春・ブルべ夏・イエベ秋・ブルべ冬)

イエベ春とは、パーソナルカラー(イエベ春・イエベ秋・ブルべ夏・ブルべ冬)の1つです。

イエベ春の特徴
  • 肌の色が黄みががっている~オレンジっぽい
  • 瞳の色がライトブラウン~ブラウン
  • 髪(地毛)の色がライトブラウン~ブラウン

イエベ春タイプは、春に咲く花や草木のような、明るく華やかな雰囲気が魅力です。

明るく鮮やかな色を身につけることで、その魅力をさらに引き出すことができます。

もしあなたがイエベ春の方なら、ぜひこの華やかな9Gの色を試してみて下さい。

9Gの持つ暖かさや柔らかさ、上品で女性らしいイメージは、さらにあなたの魅力を輝かせてくれますよ。

ウエラトーン9Gの色見本画像
色参考::ウエラトーン公式 https://www.wella.com

上の色見本は目安として作成したものです。正しい色見本は、公式サイトをご確認ください。

9Gの色は、必ずしもイエベ春の方だけが似合うという訳ではありません。人によっては、イエベ秋やブルべの方にも似合うと思います。

なので、もし髪を染めるときにどの色にするか迷ったらとりあえず好きな色に染めてみるというのがいいのではないでしょうか。

髪色を変えることで自分に自信が付いたり、人付き合いが前進する一歩になったり様々な可能性があると思います。

髪色が変われば、いつもとは違う新鮮な印象になります。

あなたの輝きを高めてくれるカラーに、ぜひ挑戦してくださいね。

ウエラトーン白髪染め(2+1クリームタイプ)の使い方と注意点

ウエラトーン2+1(クリームタイプ)の白髪染めのやり方をご紹介します。

今回は9Gのカラーで染めています。

STEP
必要なものを準備する
ウエラトーン白髪染めに必要なもの画像

お好きな色のウエラトーン白髪染め、汚れてもいい上着、タオル、手袋(ウエラトーンに入ってます)、目の粗いクシを用意する。

私はウエラトーンに入っている手袋はビニール製で使いにくかったので、自前のニトリル手袋を用意。

髪の長い方や服を汚したくない方は、毛染めケープ(Amazon)または汚れてもいいバスタオルを用意してください。

私は使っていませんが、保護クリーム(ニベアなど)を塗りたい人は生え際に塗っておくと肌が染まらないです。

STEP
混合クリームを作る
ウエラトーン白髪染めクリームのA剤とB剤、輝きエッセンスを混ぜた画像

ウエラトーン2+1に入っているA剤とB剤、輝きエッセンスを混ぜて混合クリームを作ります。

他の白髪染め製品に慣れていると、輝きエッセンスを入れ忘れそうになるので注意してください。

STEP
混合クリームを白髪の多い部分や根元から塗っていく
ウエラトーン白髪染めクリームを髪の根元に塗った画像

白髪が目立つ部分や根元に混合クリームを塗っていきます。

付属のブラシでもいいですが、細かい部分は指で塗るとやりやすいです。

STEP
全体に塗る
ウエラトーン白髪染めクリームを髪の全体に塗った画像

指やクシを使って全体に混合クリームを塗ります。

先に髪の内側部分を塗ることをオススメします。先に表面に塗ってしまうとカッチカチになって髪の内側に塗りにくくなります。

私はここで先に表面を塗ってしまったため、内側に塗り残しが出来てしまいました。

STEP
ラップをして放置する
ウエラトーン白髪染めクリームを髪の全体に塗った後ラップを巻いた画像

目の粗いクシで全体を馴染ませたら、ラップで覆います。

ラップはしなくても良いのですが、私は頭頂部や生え際を確実に染めたいのでしています。

放置時間は説明書では20~30分となっていますが、私は髪が太いのと寒い日だったので40分放置しました。

放置前に顔についた混合クリームを、濡らしたティッシュで拭いておくと色残りしません。

STEP
混合クリームをお湯で洗い流す

お湯で混合クリームをよく洗い流した後に、シャンプー・コンディショナー(リンス)をします。

あればトリートメントをした方がいいですが、私はリンスだけで終わりました。

STEP
完成
ウエラトーン白髪染めクリームで染めた次の日の髪の画像

染め上がりました。

いつも使っている市販の白髪染めクリームと違うのは、クリームを混ぜるときに輝きエッセンスを混ぜるという点です。

ウエラトーン2+1(クリームタイプ)を使う時の注意点

先に表面を塗ってしまうと髪の内側が塗りにくくなり、塗り残しが出来やすいです。

私は今回初めてウエラトーン2+1を使ってみて髪の内側に塗り残しが出来てしまったのですが、コツさえ分かっていれば失敗は防げると思いました。

ツヤのあるサラサラの髪になって満足出来たので、今度は塗り残しがないようにリベンジしたいと思います!

まとめ:ウエラトーン9Gは黒髪だとほんのり色付く明るさ

ウエラトーン9Gの明るさは、色見本では一番上の明るさですが実際に染めてみるとほんのり色付く明るさでした。

ただこれは私の太い黒髪の場合であって、地毛が茶色の方や髪が細い方はもっと色付くのかもしれません。

また、9Gの色はパーソナルカラーのイエベ春の方に似合うという事が分かりました。

今回ウエラトーンのクリームタイプで染めてみて、先に内側に塗った方が失敗しないことが分かったので次回に生かしたいと思います。

すごく手触りが良くて優しい使い心地だったので、また今度は違う色を試したいですね。

  • URLをコピーしました!
タップできる目次